• 本

ネーデルラント美術の光輝 ロベール・カンパンから、レンブラント、そしてヘリット・ダウへ

北方近世美術叢書 2

出版社名 ありな書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7566-1750-7
4-7566-1750-6
税込価格 5,280円
頁数・縦 242P 22cm

商品内容

要旨

ロベール・カンパンを初めとする“聖家族”表象に、ハンス・メムリンクの描く“バテシバ”に、ヤン・ブリューゲルの精緻にして輝く色彩の「花の静物画」に、レンブラントの“クラウディウス・キウィリスの謀議”に、ヘリット・ダウの“若い母親”に、レンブラントという時代に集まり発していく、ネーデルラント美術の光輝を探る!

目次

プロローグ レンブラント 共感と変容
第1章 神から人へ“聖家族”表象の変容―ロベール・カンパンからレンブラントへ
第2章 誘いと惑い―ハンス・メムリンクの“バテシバ”にみる両義的図像の作法
第3章 花へのまなざし―ヤン・ブリューゲルとレンブラントの時代
第4章 逆説の画家レンブラント―“クラウディウス・キウィリスの謀議”をめぐって
第5章 ヘリット・ダウ“若い母親”―一八世紀オランダの絵画市場と絵画の価値
エピローグ レンブラントとは何か―油彩画の真贋論争をめぐって

著者紹介

尾崎 彰宏 (オザキ アキヒロ)  
東北大学文学部教授/ネーデルラント美術史
今井 澄子 (イマイ スミコ)  
大阪大谷大学文学部准教授/ネーデルラント美術史
寺門 臨太郎 (テラカド リンタロウ)  
筑波大学芸術系准教授/ネーデルラント美術史
廣川 暁生 (ヒロカワ アキ)  
Bunkamuraザ・ミュージアム主任学芸員/ネーデルラント美術史
青野 純子 (アオノ ジュンコ)  
九州大学基幹教育院准教授/オランダ美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)