• 本

ショッピングモールの社会史

フィギュール彩 83

出版社名 彩流社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7791-7086-7
4-7791-7086-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 231P 19cm

商品内容

要旨

人や物の集まる「場」であり、高度消費社会において最も効率的に人々の消費欲望を喚起させ、充足させる装置―今や巨大化・エンターテインメント化する「ショッピングモール/ショッピングセンター」の発展の背景にあったものとは何か。そして、その向かう先とは。アメリカ、そして日本での事例を中心に、建築様式、立地、業態、コンセプトにおいてさまざまな変化・進化を遂げてきたモールの歴史を通覧する。

目次

第1章 ショッピングセンターの萌芽
第2章 商業施設の郊外拡張とショッピングセンター
第3章 モールの神様ビクター・グルーエン
第4章 七〇年代以降のショッピングセンター
第5章 日本のショッピングセンター史
第6章 ショッピングモール時代の終わりとはじまり

著者紹介

斉藤 徹 (サイトウ トオル)  
1958年生まれ。1982年西武百貨店入社。流通産業研究所、パルコを経て1997年大手広告会社入社。現在、研究部門で生活者・トレンド研究、消費・流通などの分析を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)