• 本

氏神さまと鎮守さま 神社の民俗史

講談社選書メチエ 645

出版社名 講談社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-06-258648-1
4-06-258648-7
税込価格 1,782円
頁数・縦 261P 19cm

商品内容

要旨

神社も「日本」もなかった時代から現代まで、地下水脈のように受け継がれてきた日本人の神観念。そして初詣や秋祭り、七五三のお宮参りと、今なお、私たちの日常に神社は寄りそっている―。ごくふつうの村や町の一画に祭られる氏神や鎮守をとおして人びとのくらしとともにあった神々や祭礼を精緻に追い、信心のかたちとしての神と神社、その変容のさまを描き出す!

目次

第1章 神社とは何か
第2章 氏神と鎮守と(氏神
産土神
鎮守神)
第3章 神社の変遷史(荘園鎮守社の創祀と変遷―隅田八幡神社
郷村の氏神祭祀―苗村神社と九村三十余郷
宮座の形成と運営―大柳生の氏神祭祀
戦国武将の神社尊崇と社殿造営―毛利・吉川氏と郷村社会)
第4章 神と神社と民俗学と(柳田國男の氏神論
折口信夫の神道論)

おすすめコメント

日ごろ意識することは少なくとも、初詣や秋祭り、七五三のお宮参りと、私たちの日常に神社は寄りそっている。我々にとって、神とは、そして日本とはなにか? 民俗調査の成果をふまえ、ごくふつうの村や町の一画に祭られる「氏神」や「鎮守」をキーワードに、つねに人びとの生活とともにあった土地や氏と不可分の神々や祭礼を精緻に探究。日本人の神観念や信心のかたちとしての神や神社の姿と変容のさまを、いきいきと描き出す。

著者紹介

新谷 尚紀 (シンタニ タカノリ)  
1948年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部史学科卒業。同大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。現在、國學院大学教授、総合研究大学院大学・国立歴史民俗博物館名誉教授。社会学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)