• 本

つまり、読書は冒険だ。

対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義 5

出版社名 光文社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-334-97921-8
4-334-97921-1
税込価格 2,052円
頁数・縦 381P 19cm

商品内容

目次

日本から世界へ(「私と文学」―なめらかで熱くて甘苦しくて
マグノリアの庭から―文学の未来はどうなるのか)
世界から日本へ(世界文学としての東アジア文学―日中文学交流の現在
心づくしの日本語―短詩系文学を語る)
シンポジウム 世界文学と愉快な仲間たち(日本から世界へ
世界から日本へ)

おすすめコメント

東大・沼野教授が現在活躍中の作家たち、研究者たちと〈世界文学〉のありかたについて縦横に語り合う対談集第5弾。

著者紹介

沼野 充義 (ヌマノ ミツヨシ)  
1954年生まれ。文芸評論家。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授(現代文芸論・スラヴ語スラヴ文学研究室)。東京大学教養学部教養学科卒、同大学大学院人文科学研究科、ハーヴァード大学大学院に学ぶ。専門はロシア・ポーランド文学。日本文学の海外への紹介にも積極的に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)