• 本

孔子 人間、どこまで大きくなれるか 新装新版

知的生きかた文庫 し22−5 BUSINESS

出版社名 三笠書房
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-8379-8463-4
4-8379-8463-0
税込価格 715円
頁数・縦 253P 15cm
シリーズ名 孔子

商品内容

要旨

「渋沢論語」は、ビジネスパーソンの「最強の教科書」!今日から実践できる「実学」としての『論語』を、渋沢自身の経験も交え、心血を注いでわかりやすく解説。理学博士で東京大学名誉教授の竹内均の解説を加え、大反響を呼んだ書籍が、読みやすい新装版で蘇る!

目次

第1章 人生いちばんの楽しみをどこに求めるか
第2章 心に“北極星”を抱く人の日々の生き方
第3章 生まれもった資質にさらに磨きをかける
第4章 この心意気、この覚悟が人生の道を開く
第5章 “一時の恥”にこだわって自分を小さくしてはならない
第6章 孔子流の「先憂後楽」の生き方

おすすめコメント

「渋沢論語」は、ビジネスパーソンの「最強の教科書」! 明治の実業界で活躍し、東京ガス、東京証券取引所など、500もの会社設立に関わった 日本の“資本主義の父”渋沢栄一は、年少時代に出合った『論語』を終生手放さず、経営の指針とした。「『論語』は一言一句がすべて実生活に即応用がきく。人生、物事の基本の道理を説いて実にわかりやすく、2500年後の今日でも、読めばすぐ納得して実行できる」 「人生でも、仕事でも、どう判断してよいか悩むときがある。そんなとき『論語』の物差しに照らして考え行動すれば、絶対に間違いはないと確信している」 読んだその日から実践できる「実学」としての『論語』を、渋沢自身の経験も交え、心血を注いでわかりやすく解説。理学博士で東京大学名誉教授の竹内均の解説を加え、大反響を呼んだ書籍が、読みやすい新装版で蘇る!

著者紹介

渋沢 栄一 (シブサワ エイイチ)  
現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。ヨーロッパ各国視察の経験をもとに、第一国立銀行(みずほ銀行の前身)をはじめ、500あまりの会社を設立。日本の資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、東京高等商業学校(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した
竹内 均 (タケウチ ヒトシ)  
福井県生まれ。東京大学名誉教授。理学博士。地球物理学の世界的権威。科学雑誌『Newton』の初代編集長として、青少年の科学啓蒙に情熱を傾けるかたわら、「人生の幸福」について深く探求し、著者一流の自己実現の具体的な方法を説く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)