• 本

凹凸

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-04-068901-2
4-04-068901-1
税込価格 1,296円
頁数・縦 189P 19cm

商品内容

要旨

結婚13年目で待望の娘・栞が生まれた一家に、ある異変が起きていた。“あの日”を境に夫と決別した絹子は、娘を守ろうと母親としての自分を貫こうとする。しかし、24歳になった栞は“ある日”の出来事に縛られ続け、恋人の智嗣に父親の姿を重ねている自分に気付く…。家族であり、女同士でもある母と娘、二代にわたる性と愛の物語。

おすすめコメント

結婚13年目で待望の第一子・栞が生まれた日から、その夫婦は男女の関係を断った。やがて夫の正幸と決別することを選んだ絹子は、栞を守るため母親としての自分を頑ななまでに貫こうとする。しかし、絹子のもとを離れ24歳になった栞は、〈あの日〉の出来事に縛られ続け、恋人の智嗣と実の父親である正幸を重ね合わせている自分に気が付いてしまう。家族であり、女同士でもある、母と娘。小説デビュー作『最低。』で若い女性から圧倒的な支持を集めた著者が、実体験を基につづった、母子二代にわたる性と愛の物語。

著者紹介

紗倉 まな (サクラ マナ)  
1993年3月23日、千葉県生まれ。工業高等専門学校在学中の2012年にSODクリエイトの専属女優としてAVデビュー。2015年にはスカパー!アダルト放送大賞で史上初の三冠を達成する。テレビ出演や雑誌グラビアでも活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)