• 本

現代保険法

第2版

出版社名 中央経済社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-502-22361-7
4-502-22361-1
税込価格 4,620円
頁数・縦 406P 21cm
シリーズ名 現代保険法

商品内容

要旨

「保険法」が施行されてから7年が経過。その間、震災・テロなどのリスク増加が、保険のあり方にも影響を与えている。保険の経済的機能から説き起こし、法の全体像を明らかにするとともに、実務への影響の大きい判例を多数とりあげて、具体例に即した理解ができるよう執筆されている。

目次

第1部 保険法総論(保険制度
保険法の法源)
第2部 保険監督法(保険監督法の意義・類型
保険業法)
第3部 保険契約法総論(保険契約の意義
保険契約の性質
保険契約のプロセス)
第4部 損害保険契約(損害保険契約総論
損害保険契約各論)
第5部 定額保険契約(定額保険契約総論
生命保険契約(定額保険契約各論)
障害疾病定額保険契約(定額保険契約各論))

著者紹介

岡田 豊基 (オカダ トヨキ)  
1977年大阪市立大学法学部卒業。1984年神戸大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学、鹿児島大学法文学部助教授。1987年神戸学院大学法学部助教授。1993年神戸学院大学法学部教授。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)