• 本

とのさま1ねんせい

出版社名 あすなろ書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7515-2827-3
4-7515-2827-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 32P 30cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • とのさまのくせに1ねんせいになるのをいやがるな!すでに変−。

    なぜ、とのさまが、今度1ねんせいになるのか?ひげを生やしてるのに、大きなお城を持っているのに、けらいもたくさんいるのに?さらに、このとのさま、あそび好き。お手玉、昆虫採集、けん玉などなどで毎日遊びふけっている、とのさまのくせに・・・。でも、このお話においてそれが、なぜ?とは、どんな読者も、ましてやこども読者はけしてしない。できない。そうなのだからしかたない−。とのさまは、あそびができなくなると思ったのだろう、1ねんせいになるのを嫌がる。けらいたちは、なんとかしてとのさまを説得しようとするのですが、とのさま、逃げる逃げる。逃げるのもとのさまにとっては追いかけっこにすぎないらしい。では、どうやってけらい達がそんなとのさまを1ねんせいになるように仕向けるか?そこがたまらなくおもしろく、この、あっけらかんとしたコミカルな様子を伝えるのはむずかしい・・・。1ねんせいに上がるとのさまのために、うわばき入れやぼうさいずきんという入学定番グッズに、けらいたちが「とのさま」という縫いこみをしたりする場面などおもしろすぎる。笑ってしまう。でも、全編通しておもしろすぎるから言い足りない思いでいっぱいになる。

    …続きを見る

    (2018年6月16日)

商品内容

要旨

1ねんせいになんて、なりたくないのじゃ!あそぶの、だいすき。おべんきょう、だいきらい!のとのさまにこまったけらいたちは、ありゃりゃりゃりゃ…?『とのさまサンタ』の続編、待望の新作刊行!

おすすめコメント

あの、おかしなとのさまが帰ってきた! 長新太氏も赤木かん子氏も大絶賛した『とのさまサンタ』の続編、待望の刊行! とのさまは、あそぶのだいすき。おべんきょうはだいきらい! 「いやじゃいやじゃ。1ねんせいはいやじゃ。1ねんせいになんてなりたくない! 」 こまりはてたけらいたちは・・・・・。クラスが爆笑のうずに包まれる読み語り絵本!

著者紹介

長野 ヒデ子 (ナガノ ヒデコ)  
1941年、愛媛県に生まれる。『とうさんかあさん』(葦書房/石風社)で日本の絵本賞文部大臣奨励賞、『おかあさんがおかあさんになった日』(童心社)で産経児童出版文化賞、『せとうちたいこさんデパートいきタイ』(童心社)で日本絵本賞を受賞
本田 カヨ子 (ホンダ カヨコ)  
1941年、東京都に生まれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)