• 本

シリーズ刑事司法を考える 第1巻

供述をめぐる問題

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-00-026501-0
4-00-026501-6
税込価格 3,960円
頁数・縦 291P 22cm
シリーズ名 シリーズ刑事司法を考える

商品内容

要旨

事件の被疑者・被告人の自白や、被害者・目撃者たちの証言、いわゆる「供述証拠」は、裁判の有力な決め手となる一方、数々の冤罪を惹き起こす温床にもなってきた。いま、「取調べの可視化」が進み、裁判員裁判も行われるなかで、どのような課題が生じているか。従来の法実務の到達点と限界を見据えたうえで、心理学の知見も取り入れながら、具体的なケースに即して「供述の問題」を考える。

目次

1 問題としての「供述」(法の視点から「供述問題」を考える
任意性・信用性判断の到達点とその限界
供述分析と心理学的合理性
供述採取過程の可視化と犯罪の証明)
2 供述はどこまで正確か(虚偽自白はどのようにして生じるのか
間違った目撃・被害者供述はどのように生じるのか
なぜ無実の供述が軽視されるのか―「不自然・不合理」判断の闇
訴訟能力が疑われる人々の語りをどう読むか―訴訟能力の鑑定と供述分析と本人の意志尊重と)
3 供述から何を読み取ることができるか(供述分析―体験者の語りと非体験者の語りを判別する
供述の信用性判断と供述者の心理特性
コミュニケーション分析―やり取りに現われる体験性/非体験性
供述の危険性をどのように伝えるか―裁判員裁判における専門家証人
コンピュータを用いた供述の可視化とその分析)

おすすめコメント

裁判員裁判や取調べの可視化といった新たな状況の中で、供述証拠をめぐる問題を心理学の知見も踏まえ考察。

著者紹介

浜田 寿美男 (ハマダ スミオ)  
1947年生。立命館大学特別招聘教授、奈良女子大学名誉教授。発達心理学・法心理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)