• 本

Tableauデータ分析 入門から実践まで

出版社名 秀和システム
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7980-5026-3
4-7980-5026-1
税込価格 5,184円
頁数・縦 727P 24cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

これで日本の「分析力」が上がる!ユーザーがユーザーのために書いた基本操作と実践活用セルフBIツール「Tableau」(タブロー)が思い通りに使える!!先行導入企業のユーザー事例も収録!ノウハウ大公開!

目次

第1部 Tableauの基礎(Tableauとは
Tableauによるデータ分析7つのステップ ほか)
第2部 「それで?」と言われないTableauデータ分析の考え方(やみくもなデータ分析では失敗する
「それで?」と言われるデータ分析が抱える問題点と対策)
第3部 応用例で見るTableauデータ分析(商品分析
顧客分析)
第4部 Tableauユーザー事例(ドワンゴ
Yahoo!JAPAN ほか)

著者紹介

小野 泰輔 (オノ タイスケ)  
日本キャタピラー計画管理部。国際電話会社や、インターネットプロバイダのプロダクト担当、法人営業、投資家向け広報(IR)を経て、キャタピラージャパンに入社。その後、キャタピラーのディーラである日本キャタピラーに移り、事業計画の策定やレポーティング業務に携わる。2013年にTableauを使ったデータ分析プロジェクトを立ち上げ、情報システム部門や米国キャタピラー社のBIチームと連携しながら、レポートの開発や情報分析の基盤構築、本社・支社・関連会社のスタッフへのトレーニングを進めている
清水 隆介 (シミズ リュウスケ)  
株式会社リクルートテクノロジーズビッグデータ部。2004年からSlerにてBI導入に携わり、その後もユーザー企業、Slerを経験するが、ほぼBIを中心とした分析基盤の構築運用を経験。2014年にリクルートテクノロジーズに入社し、自らTableauのユーザーになると共に、Recruit Tableau User Groupを立ち上げ、ユーザー会の開催や勉強会の開催を通じ、リクルートグループ内での知見の共有、スキル向上活動をする
前田 周輝 (マエダ ヒロキ)  
株式会社リクルートライフスタイル。ベンチャー企業、大手ERP企業で営業とプロダクト開発を担当。2006年リクルート(現リクルートホールディングス)入社。WEB解析ツールの全社導入、ビッグデータ基盤構築、BIプロジェクトの責任者としてデータ活用を推進。2014年よりTableauユーザー会代表をつとめる
三好 淳一 (ミヨシ ジュンイチ)  
株式会社イノヴァストラクチャー(代表取締役)。ベンチャー、大手市場調査会社にて、データ分析、商品開発、事業開発を担当。2014年、データ分析コンサルティング会社イノヴァストラクチャーを創業。2016年、ハード・ソフト双方のデータから価値を創出すべくIoT事業会社クリエタを創業。事業課題解決のため、様々なデータ(Webログ、購買、営業、センサー、調査等)に対して、Tableauと統計解析・機械学習等を組み合わせコンサルティングを行っている
山口 将央 (ヤマグチ マサチカ)  
DATUM STUDIO株式会社データアナリスト。2015年、新卒でスタートアップのデータ分析コンサルティング会社にて、データ分析に従事。テレビ視聴率データの分析パッケージの開発などを行う。2016年12月から、DATUM STUDIO株式会社に転職。ビジュアライズツールの作成、センサーデータの解析に従事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)