• 本

オリエント急行殺人事件

光文社古典新訳文庫 KAア2−1

出版社名 光文社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-334-75352-8
4-334-75352-3
税込価格 972円
頁数・縦 436P 16cm

商品内容

要旨

豪華列車「オリエント急行」が大雪で立ち往生した翌朝、客室で一人の富豪の刺殺体が発見される。国籍も階層も異なる乗客たちにはみなアリバイが…。名探偵ポアロによる迫真の推理が幕を開ける!20世紀初頭の世界情勢を背景に展開するミステリーの古典にして不朽の人間ドラマ。

おすすめコメント

アガサ・クリスティーの名作が新訳で登場。英国での今秋映画公開(ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ他出演)に先駆けて発売。

著者紹介

クリスティー,アガサ (クリスティー,アガサ)   Christie,Agatha
1890‐1976。イギリスの小説家。第一次世界大戦中は志願看護師や薬剤師の仕事をする。最初に志した音楽家の道を断念した後、推理小説の執筆を始める。1920年のデビュー作『スタイルズ荘の怪事件』以降、55年にわたり年1冊以上の作品を上梓し続けた。『そして誰もいなくなった』などが代表作。探偵エルキュール・ポアロやミス・マープルといった魅力的な人物造形で世界中に読者を得る。小説のみならず戯曲でも人気を博した
安原 和見 (ヤスハラ カズミ)  
鹿児島県生まれ。翻訳家。小説からノンフィクションまで幅広く手がける。東京大学文学部西洋史学科卒。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)