• 本

アメリカ小説をさがして

出版社名 松柏社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-7754-0240-5
4-7754-0240-4
税込価格 3,190円
頁数・縦 424P 20cm

商品内容

要旨

著者初のアメリカ文学初期論集。著者の半生を語る将棋エッセイ・観戦記も収録。

目次

第1部(能動と受動の狭間で―『グレート・ギャッツビー』における語り手の揺らぎ
若きフィクション作家の肖像―『ガープの世界』論
隠喩としてのヒトラー―『黒い時計の旅』における三角形的欲望
「だとすれば、おまえはあまりに罪深いよ!」―『デイジー・ミラー』におけるセクシュアリティの抑圧
『日はまた昇る』のジェンダー
ダーク・レディの死とロマンスの死―『ブライズデイル・ロマンス』におけるカヴァデイルのナラティヴ
“Rider Was One of the MaCaslin Negroes”―「黒衣の道化師」におけるライダーの無名性
「それは男の本だ」―『グレート・ギャツビー』における、フィツジェラルドのダブル・ヴィジョンとニック・キャラウェイのナラティヴ/ジェンダー・ストラテジー
“There Is No Such Things Was”―「昔あった話」とアイザック・ビーチャム・マッキャスリン
アメリカ現代文学の起源―『ワインズバーグ・オハイオ』再読)
第2部(人間対コンピュータ
王座戦観戦記
将棋・文学・アメリカ
好きなことを仕事にする)

著者紹介

諏訪部 浩一 (スワベ コウイチ)  
1970年生まれ。上智大学卒業。東京大学大学院修士課程、ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院博士課程修了(Ph.D.)。東京大学大学院人文社会系研究科・文学部准教授。著書に『ウィリアム・フォークナーの詩学―一九三〇‐一九三六』(松柏社、第一四回清水博賞受賞)、『『マルタの鷹』講義』(研究社、第六六回日本推理作家協会賞受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)