• 本

日本国憲法の真価と改憲論の正体 施行70年、希望の活憲民主主義をめざして

出版社名 日本機関紙出版センター
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-88900-944-6
4-88900-944-2
税込価格 1,620円
頁数・縦 288P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

この国は憲法の要請する国になっているか?改憲論のまやかしを暴き、憲法の真価を活かす希望の道を提言する!

目次

第1章 日本国憲法の歴史的意義
第2章 「日本国憲法=押しつけ憲法」論の検証
第3章 9条改憲の目的
第4章 改憲手続き法
第5章 安倍政権・与党の「解釈改憲・立法改憲」
第6章 自民党「日本国憲法改正草案」の正体
第7章 憲法と政治、立憲主義と民主主義

著者紹介

上脇 博之 (カミワキ ヒロシ)  
1958年生まれ。鹿児島県姶良郡隼人町(現「霧島市隼人町」)出身。加治木高校、関西大学法学部卒業。神戸大学大学院法学研究科博士課程後期課程単位取得。博士(法学。神戸大学)。神戸学院大学法学部教授。憲法学。政党、政治資金、選挙制度などの憲法問題が専門。政治資金オンブズマン共同代表、「憲法改悪阻止兵庫県各界連絡会」(兵庫県憲法会議)事務局長など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)