• 本

その辺の男には負けないわ

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-344-91159-8
4-344-91159-8
税込価格 880円
頁数・縦 197P 18cm

商品内容

要旨

仕事まみれの“じゃじゃ馬”元電通アジアネットワーク部長曽根香子が電通時代に教示を受けた8人の師匠を紹介。

目次

元気をもらえる男 やろうと決めたらやる冒険家の血筋―石川和則さん(DACグループ社長)の場合
仕事でも、遊びでも教授役 自分にないものをいっぱいもっている人―升永英俊さん(弁護士)の場合
男の優しさの裏にあるもの 敏腕刑事なのにボランティア活動―渡邊儀兵衛さん(元警視庁警視正)の場合
頼もしい相棒 卓越した英語力とスピード感―重田樹男さん(弁護士)の場合
戦友とよべる人 いつも先陣を突っ走る―菅直人さん(元首相)の場合
グローバルな視野 現地に足を踏み入れろ、自分の言葉で話せ―竹中繁雄さん(元トルコ大使)の場合
悠々として急ぐビジネスマン ダンディズムの精神を身にまとう―村田誉之さん(大成建設社長)の場合
心の水先案内人 常に低く、地を這う感覚―城山三郎さん(作家)の場合

著者紹介

曽根 香子 (ソネ キョウコ)  
上海で生まれる。共立女子短期大学英文科卒。早稲田大学英文科卒。株式会社電通外資系クライアント担当者、法務部へ。株式会社電通ヤング&ルビカム法務部長、営業推進部長。株式会社電通アジアネットワーク営業推進部長。スペインマラガ語学研修所(1989年)。インドケララ州アーユルヴェーダ・アカデミー修了(2015年)。文化学園大学(文化女子大学)講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)