• 本

「退屈」の愉しみ方

知的生きかた文庫 な34−9 LIFE

出版社名 三笠書房
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-8379-8469-6
4-8379-8469-X
税込価格 660円
頁数・縦 203P 15cm

商品内容

要旨

「ヒマだ」となげく人に、「忙しい」とぼやく人に効く、人生のコツ。

目次

1章 「退屈」っていいものです(「退屈」は実は仏教語です
退屈=面白くない、というのは大間違い ほか)
2章 退屈を愉しめると…どうなる?(まわりに流されなくなる
無駄なお金を使わなくなる ほか)
3章 「忙中閑あり」ってこういうこと(“眠り猫”のような生き方がいい
たまにはスマホから“退散”しよう ほか)
4章 むやみに「人とつながらない」(「友達百人」なんて作らなくていい
すぐに「誰かとつながろう」としない ほか)
5章 “人生の達人”に学ぶ時間のルール(「ひらめきには、退屈な時間が必要」
「考える」のではなく「感じる」時間を持つ ほか)

おすすめコメント

「ヒマだ」となげく人に、「忙しい」とぼやく人に効く、人生のコツ 「退屈」を愉しめると――? ◎まわりに流されなくなる ◎淡々と生きる力がつく ◎無駄なお金を使わなくなる ◎本が無上の友となる ◎「日常」に感動できるようになる ◎人間関係の悩みが小さくなる ◎人生がシンプルで快適になる ……etc. ベストセラー作家のお坊さんが教える、「本当に豊かな時間」の過ごし方

著者紹介

名取 芳彦 (ナトリ ホウゲン)  
1958年、東京都江戸川区小岩生まれ。密蔵院住職。真言宗豊山派布教研究所研究員。豊山流大師講(ご詠歌)詠匠。密蔵院写仏講座・ご詠歌指導など、積極的な布教活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)