• 本

IoTエンジニア養成読本 IoTシステムの全体像と現場で求められる技術がわかる!

Software Design plus ガッチリ!最新技術

出版社名 技術評論社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-7741-8865-2
4-7741-8865-4
税込価格 1,958円
頁数・縦 143P 26cm
シリーズ名 IoTエンジニア養成読本

商品内容

要旨

IoTシステムの全体像をつかむ。各セグメントの位置づけと関連性がわかる!

目次

1 基礎編(IoTシステムの今―取り巻く環境と複雑な全体像を紐解く
IoTシステムの全体像―IoTを実現するシステムとは)
2 技術要素編 IoTシステムの全体像をつかむ(センサ&デバイス―電子部品の基礎から選定のポイント
ネットワーク―IoTに最適な通信規格とは
バックエンド/クラウド―クラウドサービスの設計/運用のポイント
アプリケーション―IoTで生み出す価値を何倍にもできる
セキュリティ―脅威の現実と防御へのアプローチ)
3 実践編 IoTデバイス実践講座(Raspberry Piの基本動作―事前準備からLED制御まで
Raspberry Piを外部サービスと連携―センサの値をクラウドに!)
4 ビジネス編(IoTシステムをビジネスに活かす―技術者が持つべき視点とは)

おすすめコメント

IoT(Internet of Things)はビジネス面でも大きく注目されるようになりました。一方、技術面から見ると、複雑に構成されるシステムになるため全体を見渡すことが難しいと言われます。そこで本ムックでは、構成要素である「センサ&デバイス」「ネットワーク」「クラウド」「アプリケーション」「セキュリティ」を個別にやさしく紐解くことで、最新のIoTシステムの全体像を理解できる構成になっています。さらに、後半ではIoTプラットフォームとして注目される「SORACOM」を使ったIoTシステムをハンズオン方式で実装していきます。

著者紹介

片山 暁雄 (カタヤマ アキオ)  
現職は(株)ソラコムで、自社サービス用のソフトウェア開発/運用に携わる。前職はAWSにて、ソリューションアーキテクトとして企業のクラウド利用の提案/設計支援活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)