• 本

文化の遠近法 エコ・イマジネール 2

出版社名 言叢社
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-86209-065-2
4-86209-065-6
税込価格 4,888円
頁数・縦 501P 22cm

商品内容

要旨

専門化し、多様化した問題領域を超えて立ちあがる「思考」を予望する13人の論集。

目次

1部(奇蹟の歴史人類学
西欧怪物の転位性―神話を源泉とする多様なキマイラ表象を事例として
ヌーデルから考える―ドイツ語由来のある世界語の民族誌的解読
グローバル化時代の日本像―フランスのクール・ジャパン現象を事例として)
2部(自己と世界性の人類学―バリ島における“火の戦争”儀礼テルテランと災厄の表象ブタ・カラの関係性を中心に
想像の共同体としてのプエブロ―南部メキシコ社会をめぐる表象のポリティクス
八重山諸島の近海航海者―礁湖環境をめぐる水平統御の成立と終焉)
3部(日本列島における勾玉の分布・遺跡数・材質からみた時期的変遷
年中行事における来訪神祭祀と仏教民俗
食責め儀礼における民衆文化の処世の構図―鹿沼市発光路妙見神社の強力行事の事例より
風流獅子舞文書にみる芸能伝承のダイナミズム―関白流・文挾流の獅子舞を事例として
戦前の博覧会出展物からみる小笠原表象
越境する小商いサリサリストア―日本人配偶者の役割に焦点をあてて)

著者紹介

蔵持 不三也 (クラモチ フミヤ)  
1946年栃木県今市市(現日光市)生。早稲田大学第一文学部仏文専攻卒業、パリ第四大学(ソルボンヌ大学)修士課程(比較文化専攻)修了、社会科学高等研究院DEA課程(民族学専攻)修了。博士(人間科学)。早稲田大学人間科学学術院教授
嶋内 博愛 (シマウチ ヒロエ)  
早稲田大学大学院人間科学研究科修士課程修了。ドイツ・フライブルク大学博士課程(ドイツ民俗学主専攻)退学、博士(人間科学)。早稲田大学人間科学部助手、東京大学大学院人文社会系研究科特任研究員などを経て、武蔵大学人文学部教授。専攻は文化人類学、ドイツ民族学、民間伝承研究
伊藤 純 (イトウ ジュン)  
1985年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。現在は、早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員。専攻は民俗学・芸能研究
藤井 紘司 (フジイ コウジ)  
1982年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。現在は、東京農工大学農学部非常勤講師。専攻は、生態人類学、民俗学・環境社会学
山越 英嗣 (ヤマコシ ヒデツグ)  
1981年生まれ。早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。博士(人間科学)。現在は、早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員。早稲田大学人間科学部・自治医科大学看護学部・東洋大学社会学部非常勤講師。専攻は文化人類学、ラテンアメリカ地域研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)