• 本

東京凸凹地形散歩 カラー版

平凡社新書 842

出版社名 平凡社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-582-85842-6
4-582-85842-2
税込価格 1,058円
頁数・縦 213P 18cm

商品内容

要旨

地形が好きになると、普段は「迷惑な存在」である坂道や崖地も、魅惑のスポットに様変わり!ご先祖が築いた用水や堤、切り通しや盛土などの痕跡をたどれば、地形とともに生きてきた、東京の歴史が見えてくる。東京は地形パラダイス!崖あり、谷あり、スリバチありの23エリアを歩く。

目次

第1章 都心・山の手編(雑司が谷・音羽―音羽川と弦巻川を遡る
神楽坂・飯田橋―江戸から続く坂の名所 ほか)
第2章 都心・下町編(上野・谷中―縄文時代の海岸が長大な崖に
本郷・御茶ノ水―本郷台地から江戸名所の渓谷へ ほか)
第3章 山の手・西北編(新宿・大久保―大久保で「窪」を探せ!
渋谷―谷筋の二つの川を歩く ほか)
第4章 武蔵野・郊外編(洗足・大岡山―荏原台の尾根に広がる町
自由が丘・等々力―河川争奪の歴史をひもとく ほか)

著者紹介

今尾 恵介 (イマオ ケイスケ)  
1959年神奈川県生まれ。地図研究家。日本地図センター客員研究員、地図情報センター評議員、日本地図学会「地図と地名」専門部会主査。雑誌編集者を経て、91年よりフリー。地図、地名、鉄道に関する著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)