• 本

自然科学の視点から考える日本民俗学

幻冬舎ルネッサンス新書 は−5−1

出版社名 幻冬舎メディアコンサルティング
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-344-91169-7
4-344-91169-5
税込価格 880円
頁数・縦 215P 18cm

商品内容

要旨

日本文化の際立った特徴(貧弱な住宅、豊かな外食産業、農業不適地、歓楽街の林立、巨大商社の誕生など)は、諸大陸から隔てられた極東の島国である地理的要素と自然災害多発・高温多湿の地殻地勢・気候的要素に拠るという自然科学者の視点からの新奇な日本民俗学が論じられている。また、大学における理数系教官としての多様な経験に基づいて、我が国の高等教育・研究制度に潜む種々の問題に一石を投じ、新たな改善策が示されている。さらに、人生や日常の様々な事象について、生と性の問題から老い、死生観に至るまで、興味溢れる斬新な見解が展開されている。我が国のさらなる発展とよりよい私生活のための秘策満載で、若年層からシニア世代に至るまでの現代日本人必読の書である。

目次

第1章 日本の風土・風俗分析(日本の特異性の原点
日本の芸術・文化考
周辺の現実問題から目を背けるな)
第2章 世界における日本(世界との違いを考えてみよう
日本と世界の食文化)
第3章 自然科学研究者雑感(科学と文化
誤解多き大学教官
大学研究教育の改善に向けて)
第4章 生と性(男の性と風俗
女性の性と風俗
健康に生きてこその人生)

著者紹介

橋口 公一 (ハシグチ コウイチ)  
九州大学教授、第一工業大学教授、大阪大学招聘教授その他を歴任後、現在、九州大学名誉教授、MSC Software Ltd.技術顧問。日本工学アカデミー会員、日本農学アカデミー会員、日本学術会議連携会員。文部科学大臣表彰、日本機械学会材料力学部門業績賞、土木学会研究業績賞、日本計算力学連合賞、日本農学賞、読売農学賞その他受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)