• 本

クマ問題を考える 野生動物生息域拡大期のリテラシー

ヤマケイ新書 YS035

出版社名 山と溪谷社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-635-51042-4
4-635-51042-5
税込価格 950円
頁数・縦 223P 18cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

近年、日本各地の山間部だけでなく民家近くでもツキノワグマやヒグマを目撃、遭遇、襲われるなどのニュースを耳にすることが多くなってきた。各自治体では、クマの出没情報や対処法を提供するとともに、地元民、観光客や登山者・山菜採りなどに注意を呼びかけている。では、そもそもなぜ以前よりもクマの出没や農作物への被害、人身事故が増えているのだろうか。本書の著者は、それは習性の変化などクマの側だけに原因があるのではなく、人間の生活や社会の変化にクマが懸命に適応した結果なのだと指摘する。本書では、クマをはじめとする野生動物が人間に危害をもたらす「シシ荒れ」と呼ばれる現象がなぜ起こったのか、近世からのクマと人間の関係の歴史などを踏まえ、多方面から分析。行政や私たち個人が何をすればいいのかも具体的に提言している。著者は東北芸術工科大学教授で、自然と人間の関わりを歴史社会的視点から捉えた狩猟文化研究に実績がある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2017年06月06日]

商品内容

要旨

深刻化する野生動物と人間の遭遇。保護か、捕獲か、駆除か。解決の糸口はあるのか?第一人者による、まったなしの緊急出版!

目次

第1章 平成のシシ荒れ(動き出した動物たち
受け身なクマ
自然変容説から環境適応説へ)
第2章 生息域拡大期の現実(人喰いグマはいるのか
被害の二重構造
むき出しの都市)
第3章 近世の相克「シシ荒れ」森の消長と野生動物(生きるための闘い
旧弘前藩領での出来事
動く森の片隅で)
第4章 狩猟の公共性(接近する被害現場―バリア・リーフ構造の崩壊
狩猟と農耕
狩猟の公共性)
第5章 クマと向き合う(捕獲と威嚇のメッセージ性
規則性と不規則性
ゾーンディフェンスとオフェンシブなアクション
遭遇しないために)

著者紹介

田口 洋美 (タグチ ヒロミ)  
1957年、茨城県生まれ。民族文化映像研究所、日本観光文化研究所主任研究員を経て、1990年に「マタギサミット」を主宰。1996年に狩猟文化研究所を設立。2005年、東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(環境学)。同年より東北芸術工科大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)