• 本

神戸ものがたり

のじぎく文庫

出版社名 神戸新聞総合出版センター
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-343-00945-6
4-343-00945-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 295P 19cm

商品内容

要旨

ミステリー、歴史小説に多くの傑作を残した直木賞作家・陳舜臣(1924〜2015)。小説以外での初の作品が、生まれ育った街への思いを歴史紀行風に綴った『神戸というまち』(1965)でした。後に『神戸ものがたり』として改訂を重ね、読み継がれてきたこの名エッセイ集が、神戸開港150年の節目の年に新しく蘇りました。併せて、神戸新聞2010年〜11年連載の「わが心の自叙伝」を単行本初収録。

目次

神戸ものがたり(まえがき
新しい土地
金星台から
異人館地帯
南北の道 ほか)
わが心の自叙伝(少数派―台湾での情景鮮明に
作家としての原点―子供心に抱いた混乱、疑問
神戸校のころ―大家族と友人に囲まれて
三色の家―船と港を眺め、夢見た海外
祖父のこと―フィクションに生きた気質 ほか)

著者紹介

陳 舜臣 (チン シュンシン)  
1924年、現在の神戸市中央区生まれ。原籍は台湾台北県。90年に日本国籍を取得した。大阪外国語学校(現・大阪大学外国語学部)印度語部卒。61年『枯草の根』で江戸川乱歩賞、69年『青玉獅子香炉』で直木賞を受けた。壮大な歴史物語を国際的視野で数多く執筆してきた作家。日本芸術院会員。2015年逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)