• 本

好きとか遊びとか本気とか浮気とか駆け引きとか、もうどうでもいいから愛してくれ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-04-069134-3
4-04-069134-2
税込価格 1,080円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

辛いけどなぜか共感できる!キャバ嬢みやめこ待望の初書籍。「愛されたい」がとまらないすべての女子へ。

目次

1 ひかえめに言っても好きすぎる(好きな人に一直線なときって、他の男がハウスダストに見える
一度でも粘膜擦り合わせて体液混ざり合った女が友達だ? ほか)
2 いざ必要とされると逃げ出したくなる(友達から始まる恋は続かず出会ってすぐに好きになるほうが好きな気持ちが長続きする
私がいなきゃ死んじゃいそうな人と私がいなくても大丈夫そうな人 ほか)
3 「あのときこうしておけばよかった」に縛られている(付き合う前にセックスするのはタブーだって誰でも知ってるのに今日も都合のいい女やってます
仕事ができる人は浮気も器用にやってのける ほか)
4 後悔を吹きとばして逞しく生きる(浮気は二回まで許すけど、三回目は余命三秒だと思えよ
確実に美人は三日で飽きないけど、「顔がいいだけの女」には必ず賞味期限がくるから ほか)

おすすめコメント

ツイッターフォロワー16万人突破 恋愛のツイートが人気の現役キャバ嬢が恋愛のあれこれを書き下ろし! 恋愛運はないけれど、経験は豊富! 好きなひと以外見えなかった時期、元彼のこと、浮気男のはなし…… 笑いと毒と時々せつなさを交えて恋愛のあれこれを綴ります。

著者紹介

みやめこ (ミヤメコ)  
現役キャバ嬢。Twitterでのつぶやきが人気を集めている。物心ついたときには両親が離婚。十五歳で家出をし、キャバクラで働きだす。その後、精神が不安定になり、精神科通い、リストカットなど散々な日々を送る。今は一人暮らしをしながらキャバクラで働いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)