• 本

漱石激読

河出ブックス 104

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-309-62504-1
4-309-62504-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 329P 19cm

商品内容

要旨

漱石生誕一五〇年。まだまだこんなにも新しい読み方ができる―。漱石研究をリードしてきた名コンビが、一〇年の時を経て、電撃復活。難解とされる『文学論』を明快に解きほぐすことから始め、『吾輩は猫である』から『明暗』に至るまで、小説一四作品を素材に、漱石文学の豊潤な可能性を、阿吽の呼吸で語りつくす。作品あらすじ、登場人物相関図、漱石略年表付き。

目次

序章 『文学論』から見わたす漱石文学
1 『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『草枕』を激読する(『吾輩は猫である』―深読みが止まらない
『坊っちゃん』―一気書き、一気読み
『草枕』―降りられない近代を生きぬく)
2 『虞美人草』『坑夫』『夢十夜』を激読する(『虞美人草』―読めば読むほど、恐い
『坑夫』―だから藤尾は美禰子になれた
『夢十夜』―漱石文学を解く索引のよう)
3 前期三部作を激読する(『三四郎』―「ダブル」の魅惑
『それから』―無意識は隠せない
『門』―これでは悟れるわけがない)
4 後期三部作を激読する(『彼岸過迄』―心の探偵小説
『行人』―女も男も読んでいる
『こころ』―やっぱり、日本近代文学の頂点)
5 『道草』『明暗』を激読する(『道草』―愛に満ちている
『明暗』―その愛はどこへ)

おすすめコメント

生誕150年。漱石はまだまだこんなにも深く読める! 漱石研究をリードしてきた名コンビが、漱石文学の豊潤な可能性を掘りおこす。

著者紹介

石原 千秋 (イシハラ チアキ)  
1955年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授(日本近代文学)
小森 陽一 (コモリ ヨウイチ)  
1953年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授(日本近代文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)