• 本

鏡が語る古代史

岩波新書 新赤版 1664

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-00-431664-0
4-00-431664-2
税込価格 946円
頁数・縦 231,13P 18cm

商品内容

要旨

中国の皇帝が邪馬台国の卑弥呼に贈った「銅鏡百枚」。日用の化粧具のほか、結婚のしるし、護符、政権のプロパガンダなど、さまざまに用いられた古代の鏡は、どのようにつくられ使われてきたか。鏡づくりに情熱を注いだ工匠たちの営みに注目しつつ、図像や銘文を読み解くことから、驚くほど鮮やかに古代びとの姿がよみがえる。

目次

第1章 鏡はどのように使われたか
第2章 人びとの心情を映す―前漢鏡に刻まれた楚歌
第3章 “プロパガンダ”としての鏡―儒家思想のひろがりと王莽の台頭
第4章 自立する鏡工たち―後漢前期に生まれた淮派
第5章 民間に題材を求めた画像鏡―江南における呉派の成立
第6章 幽玄なる神獣鏡の創作―四川における広漢派の成立
第7章 うつろう鏡工たち―東方にひろがる神獣鏡
第8章 政治に利用された鏡―「銅鏡百枚」の謎を解く

おすすめコメント

卑弥呼の「銅鏡百枚」で知られる古代の鏡。様々な文様や銘文を読みとき古代人の姿をいきいきと蘇らせる。

著者紹介

岡村 秀典 (オカムラ ヒデノリ)  
1957年生。京都大学文学部卒業。文学博士。京都大学助手、九州大学助教授を経て、京都大学人文科学研究所教授、東アジア人文情報学研究センター長。専攻、中国考古学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)