• 本

カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

扶桑社新書 240

出版社名 扶桑社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-594-07706-8
4-594-07706-4
税込価格 902円
頁数・縦 249P 18cm

商品内容

要旨

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ。

目次

第1講 実は医学はおもしろい―ウソがいっぱいの医学の不思議
第2講 呼吸器系―息をしすぎて苦しくなる肺の不思議
第3講 消化器系―何でもクソミソにする胃腸の不思議
第4講 循環器系―だれかが動かす心臓の不思議
第5講 神経系―魂は宿っていない脳の不思議
第6講 泌尿器系・生殖器系―医学が下ネタになる不思議
第7講 感覚器系―他人と比べられない感覚の不思議
第8講 内分泌系・リンパ系―ごく微量で効くホルモンの不思議
第9講 皮膚・骨・筋系―骨が入れ替わる不思議

出版社・メーカーコメント

読み出したら止まらない!ミステリアスな医学講座へようこそ。脳みそ喰われても痛くない? ヒトラーは睾丸一個だった? 医療ミステリーの奇才が、モーツァルト・レクター博士・芥川龍之介の世界を通して医学のトリビアを語りつくす!

著者紹介

久坂部 羊 (クサカベ ヨウ)  
1955年大阪府生まれ。医師、作家。大阪大学医学部卒業。二十代で文芸同人誌「VIKING」に参加。外務省の医務官として九年間海外で勤務した後、高齢者を対象とした在宅訪問診療に従事。2003年『廃用身』で小説家デビュー。以後、現代の医療に問題提起する刺激的な作品を次々に発表。14年『悪医』で第三回日本医療小説大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)