• 本

荒野

文春文庫 さ50−8

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-16-790845-4
4-16-790845-X
税込価格 994円
頁数・縦 538P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

鎌倉で小説家の父と暮らす少女・荒野。「好き」ってどういうことか、まだよくわからない。でも中学入学の日、電車内で見知らぬ少年に窮地を救われたことをきっかけに、彼女に変化が起き始める。少女から大人へ―荒野の4年間を瑞々しく描き出した、この上なくいとおしい恋愛“以前”小説。全1冊の合本・新装版。

おすすめコメント

山野内荒野、14歳。まだ、恋はしてない。……たぶん。鎌倉で小説家の父と暮らす少女・荒野。「好き」ってどういうことか、まだよくわからない。でも、中学入学の日、電車内で見知らぬ少年に窮地を救われたことをきっかけに、彼女に少しずつ変化が起き始める。少女から、大人へ――荒野の4年間を瑞々しく描き出した、たまらなくいとおしい恋愛“以前”小説。全1冊の合本・新装版。カバーイラスト:岸田メル

著者紹介

桜庭 一樹 (サクラバ カズキ)  
1999年「夜空に、満天の星」(『AD2015隔離都市 ロンリネス・ガーディアン』と改題)で第1回ファミ通エンタテインメント大賞に佳作入選。06年刊行の『赤朽葉家の伝説』で第60回日本推理作家協会賞受賞。08年『私の男』で第138回直木賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)