• 本

特捜部Q 〔6−1〕

吊された少女 上

ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 385−9

出版社名 早川書房
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-15-179459-9
4-15-179459-X
税込価格 946円
頁数・縦 382P 16cm
シリーズ名 特捜部Q

商品内容

要旨

コペンハーゲン警察の特捜部Qは未解決事件を専門とする部署だ。ある日ここに一本の電話が入った。けんもほろろに応対したカール・マーク警部補は翌日、電話をかけてきた老警官が、自分の退官式で自殺したと知る。17年前、少女が轢き逃げされ、木から逆さ吊りになり絶命しているのが見つかった事件があった。その事件に取り憑かれていた老警官には、Qが最後の頼みの綱だったのだ。仕方なくカールは重い腰をあげるが…。シリーズ第6弾!

著者紹介

エーズラ・オールスン,ユッシ (エーズラオールスン,ユッシ)   Adler‐Olsen,Jussi
1950年、コペンハーゲン生まれ。10代後半から薬学や映画製作などを学び、出版業界などで働く。1985年からはコミックやコメディの研究書を執筆。その後フィクションに転じ、シリーズ第1作『特捜部Q―檻の中の女』(2007年)がベストセラーとなった。シリーズ第3作『特捜部Q―Pからのメッセージ』(2009年)で北欧ミステリ賞の最高峰である「ガラスの鍵」賞、シリーズ第4作『特捜部Q―カルテ番号64』(2010年)はデンマークの文学賞「金の月桂樹」賞を受賞した
吉田 奈保子 (ヨシダ ナホコ)  
1974年生、立教大学文学部ドイツ文学科卒、ドイツ文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)