• 本

哭きの竜 外伝5

小学館文庫 のA−30

出版社名 小学館
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-09-196105-1
4-09-196105-3
税込価格 1,089円
頁数・縦 416P 16cm
シリーズ名 哭きの竜

出版社・メーカーコメント

勝負は勝てば生 負ければ死 “哭きの竜”と呼ばれた伝説の麻雀打ち。その“強運”を極道たちが追い求め、10年前に殺された男。そんな竜が修羅の世界へ戻ってきた・・・・・・ 全国制覇を目指し、動き出した 西の最大組織、関西共武会二代目会長・堤薫。東京で迎え討つは、三代目桜道会会長・音無光一。新宿で共武会の組員が桜道会によって射殺され、闘いの火蓋が切られる。この発砲事件の流れ弾によって一般市民が死亡。その娘・沙貴は 復讐を誓い、堤に接近。堤を桜道会のヒットマンに撃たせる。だが、奇跡的に堤は命を取り留める。勢いにのった音無は、桜道会内の反音無・古参幹部を次々と粛正。自身は会長を引退し、政財界の要人とコネクションをつける。そんな中、自分を手玉にとった沙貴を欲した音無だったが、沙貴は何者かにさらわれ、ネット番組に出演させられる。白虎が仕組んだ、負ければ死、という麻雀番組だった。ぎりぎりの所まで、追い込まれた沙貴だったが、彼女を手に入れたい 音無の尽力で、竜が沙貴の替わりに席につく。それぞれの思惑が交錯する中、竜の哭く牌が閃光を放つ・・・!!