• 本

反グローバリゼーションとポピュリズム 「トランプ化」する世界

マル激トーク・オン・ディマンド Vol.11

出版社名 光文社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-334-97924-9
4-334-97924-6
税込価格 1,512円
頁数・縦 397P 19cm

商品内容

目次

はじめに トランプ現象から浮かび上がる、地球規模でのうねりを受け止める(トランプが負けてもトランプ現象は終わらない
希代の戦略家か、ナルシストの山師か ドナルド・トランプという男)
ニュース・コメンタリー01 メディアのメディアによるメディアのための大統領選挙(トランプ政権への期待とリスク)
ニュース・コメンタリー02 トランプ勝利を予想する人々が後を絶たない理由(米大統領選挙再集計問題を掘り下げる
トランプ政権を甘く見てはいけない
トランプ政権を操るオルタナ右翼の正体)
ニュース・コメンタリー03 パンドラの箱が開いたアメリカの現在を見て
おわりに 本文で語れなかったこと 意識を排除した自動機械化で社会は自壊する

おすすめコメント

トランプ政権の誕生で、世界がどう変わるのか?行き過ぎたグローバリズムに歯止めはかかるか。気鋭の論客が語り尽くす。

著者紹介

神保 哲生 (ジンボウ テツオ)  
ビデオジャーナリスト。1961年東京生まれ。15歳で渡米。ICU卒。コロンビア大学ジャーナリズム大学院修士課程修了。AP通信など米国報道機関の記者を経て独立。2000年、日本初のニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を設立し代表に就任
宮台 真司 (ミヤダイ シンジ)  
首都大学東京教授、社会学者。1959年仙台生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。東京都立大学助教授、首都大学東京准教授を経て現職。専門は社会システム論
渡辺 靖 (ワタナベ ヤスシ)  
慶應義塾大学SFC教授。1967年生まれ。90年上智大学卒業。92年ハーバード大学大学院修士課程修了。97年同博士課程修了、Ph.D.(社会人類学)。2005年より現職。ハーバード大学国際問題研究所アソシエート、ケンブリッジ大学フェロー、パリ政治学院客員教授などを歴任。サントリー学芸賞など多数受賞
佐藤 伸行 (サトウ ノブユキ)  
追手門学院大学経済学部教授。1960年山形県生まれ。ジャーナリスト。追手門学院大学経済学部教授。85年早稲田大学卒業後、時事通信社入社。90年代前半はハンブルク支局、ベルリン支局でドイツ統一プロセスとその後のドイツ情勢を取材。98年から2003年までウィーン支局に勤務し、旧ユーゴスラビア民族紛争など東欧問題をカバー。ワシントン支局勤務などを経て、15年から現職
西山 隆行 (ニシヤマ タカユキ)  
成蹊大学法学部教授。1975年神戸市生まれ。97年東京大学法学部卒。米・ラトガース大学大学院を経て、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。博士(法学)。甲南大学法学部教授を経て、14年より現職。専門は比較政治・アメリカ政治
木村 草太 (キムラ ソウタ)  
首都大学東京都市教養学部教授。1980年神奈川県生まれ。2003年東京大学法学部卒業
春名 幹男 (ハルナ ミキオ)  
国際ジャーナリスト。1946年京都府生まれ。69年大阪外国語大学(現大阪大学)卒業
石川 敬史 (イシカワ タカフミ)  
帝京大学文学部史学科准教授。1971年北海道生まれ。99年北海道大学法学部卒業。2004年同大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)