• 本

中世ヨーロッパの騎士

講談社学術文庫 2428

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-292428-3
4-06-292428-5
税込価格 1,166円
頁数・縦 318P 15cm

商品内容

要旨

豪壮な城、華麗な騎馬試合、孤独な諸国遍歴―中世ヨーロッパを彩った戦士たち。十字軍やテンプル騎士団の活躍から、吟遊詩人と騎士道物語の誕生、上級貴族にのしあがったウィリアム・マーシャルや、ブルターニュの英雄ベルトラン・デュ・ゲクランの生涯、さらに、『ドン・キホーテ』でパロディ化された騎士階級が、近代の中に朽ちていくまでを描く。

目次

第1章 騎士とは何か
第2章 黎明期の騎士
第3章 第一回十字軍の騎士
第4章 吟遊詩人と騎士道の文学
第5章 ウィリアム・マーシャル―全盛期の騎士道
第6章 テンプル騎士団―兵士、外交官、銀行家
第7章 ベルトラン・デュ・ゲクラン―一四世紀の騎士
第8章 一五世紀のイングランドの騎士―サー・ジョン・ファストルフとパストン家
第9章 騎士道の長い黄昏

おすすめコメント

十字軍、吟遊詩人、アーサー王物語…。諸国を孤独に遍歴し、王の信頼を争い、強い連帯意識で結ばれていた、馬上の戦士たちの実像。

著者紹介

ギース,フランシス (ギース,フランシス)   Gies,Frances
1915‐2013年。アメリカの歴史著作家。ジョゼフ・ギース(1916‐2006)とともに、中世史に関する著作多数
椎野 淳 (シイノ ジュン)  
1982年、上智大学外国語学部英語学科卒業。ユニカレッジにて翻訳を学ぶ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)