• 本

ミステリ国の人々

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-532-17617-4
4-532-17617-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 287P 19cm

商品内容

要旨

これぞミステリ!と膝を打ついかにも“らしい”52人。あの名探偵から、つい見逃してしまう存在まで、名編の多彩な登場人物にスポットライトをあて、世相を織り交ぜながら、自在に綴ったエッセイ集。作家ならではの読みが冴える、待望のミステリガイド!

目次

ヴァン・ダイン―S.S.ヴァン・ダイン『グリーン家殺人事件』『僧正殺人事件』
シャーロック・ホームズ―コナン・ドイル
松下研三―高木彬光
明智文代―江戸川乱歩
スコット・ヘンダーソン―ウィリアム・アイリッシュ『幻の女』
アリス―ウィリアム・アイリッシュ『消えた花嫁』
金田一耕助―横溝正史
三原紀一―松本清張『点と線』『時間の習俗』
黒後家蜘蛛の会―アイザック・アシモフ
サッカレイ・フィン―ジョン・スラデック『黒い霊気』『見えないグリーン』〔ほか〕

著者紹介

有栖川 有栖 (アリスガワ アリス)  
1959年、大阪市生まれ。同志社大学法学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。89年『月光ゲーム』で作家デビュー。書店勤務を続けながらコンスタントに作品を発表し、94年から作家専業。2003年『マレー鉄道の謎』で日本推理作家協会賞。08年『女王の国城』で本格ミステリ大賞。2000年から本格ミステリ作家クラブ初代会長(05年まで)。07年から「有栖川有栖創作塾」(大阪市)塾長をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)