• 本

謎解きはディナーのあとで

小学館ジュニア文庫 ジひ−3−1

出版社名 小学館
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-09-231165-7
4-09-231165-6
税込価格 825円
頁数・縦 318P 18cm
シリーズ名 謎解きはディナーのあとで

商品内容

要旨

国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な「宝生グループ」のお嬢様。「風祭モータース」御曹司の風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、ドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件について相談する相手は“執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」―暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに謎を解き明かしていく。ドラマ化、映画化されて四百万部を突破した国民的ユーモアミステリ。

出版社・メーカーコメント

毒舌執事×令嬢刑事コンビの大人気ミステリ国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な「宝生グループ」のお嬢様。「風祭モータース」の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は”執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」――暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。「殺人現場では靴をお脱ぎください」他、全6編を収録。2011年本屋大賞第1位、同年ベストセラー第1位、シリーズ累計400万部突破の国民的ミステリが、ついにジュニア文庫に登場!小学生にも大人気な作品が、さらに読みやすくなりました。

著者紹介

東川 篤哉 (ヒガシガワ トクヤ)  
1968年広島県生まれ。2002年デビュー。11年、『謎解きはディナーのあとで』で第八回本屋大賞第一位(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)