• 本

働き方の男女不平等 理論と実証分析

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-532-13471-6
4-532-13471-4
税込価格 3,456円
頁数・縦 269P 22cm

商品内容

文学賞情報

2017年 第60回 日経・経済図書文化賞受賞

要旨

ルービンの因果推論モデルなど最新の分析モデルを駆使。男女の所得や管理職割合の格差、職業分離の実態、WLB推進の効果、統計的差別の不合理性などを分析。

目次

第1章 女性活躍推進の遅れと日本的雇用制度―理論的オーバービューと本書の目的
第2章 ホワイトカラー正社員の管理職割合における男女格差の決定要因
第3章 男女の職業分離の要因と結果―見過ごされてきた男女平等への障害
第4章 ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明
第5章 企業のワークライフバランス推進と限定正社員制度が男女賃金格差に与える影響
第6章 女性の活躍推進と労働生産性―どのような企業施策がなぜ効果を生むのか
第7章 統計的差別と間接差別―インセンティブ問題再訪
第8章 男女の不平等とその不合理性―分析結果の意味すること

著者紹介

山口 一男 (ヤマグチ カズオ)  
RIETI(経済産業研究所)客員研究員/シカゴ大学ラルフ・ルイス記念特別社会学教授。1971年東京大学理学部卒業後、総理府勤務(1971‐1978年)、シカゴ大学社会学博士号取得(1981年)、コロンビア大学公共衛生大学院助教授(1983‐1985年)、カリフォルニア大学ロサンジェルス校社会学部助教授及び准教授(1985‐1991年)を経て1991年よりシカゴ大学教授。2003年よりRIETI客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)