• 本

Q&Aでわかる!管理職のための労基署対策マニュアル

出版社名 宝島社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-8002-7064-1
4-8002-7064-2
税込価格 842円
頁数・縦 127P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「働き方改革」でルールが変わる!1時間で学ぶアウトとセーフの境界!

目次

はじめに いま、日本の“働き方”になにが起こっているのか!?
1 労働基準監督署がやってくる!?(常識?非常識?中間管理職なら知らなきゃマズい労基法のすべて
労働法の番人がもつ2つの顔 知らなきゃマズい労働基準監督署
知らなきゃマズい労基署の内側 わが社が標的になる日 ほか)
2 時間とお金のよくあるギモン(長時間労働の解消―残業時間減で溜まった仕事 少しでも持ち帰らせるのはNG?
労働時間と割増賃金―電車のトラブルで2時間遅刻 定時後の仕事は残業代の対象?
労働時間制―部下の始業・終業時刻の把握が大変!管理しなくてもいい? ほか)
3 職場の新常識!よくある困った事例(退職と有給休暇―退職者には残った有給休暇をすべて取得させないといけない?
契約社員の部下―職場の飲み会で契約社員が暴言 契約満了時に「更新しない」はNG?
派遣社員の部下―派遣社員の部下に契約以外の指示はできない? ほか)

おすすめコメント

政府の「働き方改革」によって、労基署の動きは加速しており、大企業にも容赦なくメスが入り、現場の管理職もまた送検の対象となっています。これまでと同じ感覚でハラスメント問題や長時間労働を考えていると、あなたの職場にも労基署がやってくる可能性があります。不当解雇、残業代の不払い、ハラスメント等、目まぐるしく変化する労働問題の“いま”をわかりやすく解説する一冊です。

著者紹介

安中 繁 (アンナカ シゲル)  
ドリームサポート社会保険労務士法人代表社員。立教大学社会学部卒業。税理士事務所に入社。企業経営者の支援に携わり、2007年安中社会保険労務士事務所開設。2015年4月法人化し代表社員に就任。約300社の顧問先企業のために労使紛争の未然防止、紛争鎮静後の労務管理整備、社内活性化のための人事制度構築支援、裁判外紛争解決手続代理業務にあたる。新しいワークスタイルの選択肢である「週4正社員制度」の導入コンサルティングも得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)