• 本

在日米軍 変貌する日米安保体制

岩波新書 新赤版 1666

出版社名 岩波書店
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-00-431666-4
4-00-431666-9
税込価格 950円
頁数・縦 263,11P 18cm

商品内容

要旨

「専守防衛」を謳いながら今やグローバルに展開する在日米軍の攻撃力に依存し、「唯一の被爆国」は米国の核兵器で守られる―「戦後の平和主義」の現実だ。「緊密で良好な日米関係」を目指すと言う日米同盟の内実は?自衛隊との協力の拡大により変貌する日米安保体制下の在日米軍を直視し、平和構築の道を探る。

目次

序章 在日米軍と日米軍事協力の新段階
第1章 日米安保下の在日米軍
第2章 在日米軍の全体像
第3章 在日米軍の活動を見る
第4章 脅かされる市民生活―基地がもたらす被害
第5章 在日米軍の将来を考える―非軍事の選択にむけて

おすすめコメント

日米安保体制の歴史と現状を踏まえ、現在の在日米軍の姿を描く。軍事力によらない安全保障は可能か。

著者紹介

梅林 宏道 (ウメバヤシ ヒロミチ)  
1937年兵庫県生まれ。1965年東京大学大学院数物系研究科博士課程修了、工学博士。1980年大学教員を辞してフリーに。2012年長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)センター長(〜2015年)。現在、長崎大学客員教授。NPO法人ピースデポ特別顧問。核軍縮・不拡散議員連盟東アジア・コーディネーター。情報誌『核兵器・核実験モニター』(月2回発行)の主筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)