• 本

金融史がわかれば世界がわかる 「金融力」とは何か

新版

ちくま新書 1260

出版社名 筑摩書房
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-480-06968-9
4-480-06968-2
税込価格 929円
頁数・縦 265P 18cm
シリーズ名 金融史がわかれば世界がわかる

商品内容

要旨

金融という場には、長い歴史のなかで形成された制度が残る。そうした遺構のうえに、現代的な問題が幾層にも積み重なっている。金や銀という一時代前の地金の問題、中央銀行の変化、変動する為替市場、金融技術の進展といった問題が複雑に絡み合っている。本書は、これらの相関を網羅的かつ歴史的にとらえ、世界の金融取引がどのように発展してきたかを観察する。旧版を大幅に改訂し、リーマン・ショックの衝撃やフィンテックの可能性などを検証しながら、実務的な視点から、今後の国際金融を展望する。

目次

第1章 英国金融の興亡(ポンドと銀貨の長い歴史
ポンドがめぐり英国経済はまわる ほか)
第2章 米国の金融覇権(英国はなぜ動脈硬化に陥ったのか
新興国アメリカの挑戦 ほか)
第3章 為替変動システムの選択(ブレトンウッズ体制の時代へ
変動相場制の幕開け ほか)
第4章 変化する資本市場(金融技術の発展
世界が怯えた金融危機 ほか)
第5章 課題に直面する現代の金融力(ユーロと英国シティの危機
人民元はどこへ行く ほか)

おすすめコメント

金融取引の歴史を網羅的にとらえ、資本主義の発展を観察。旧版を大幅に改訂し、実務的な視点から今後の国際金融を展望する。

著者紹介

倉都 康行 (クラツ ヤスユキ)  
1955年生まれ。東京大学経済学部卒業後、東京銀行入行。東京、香港、ロンドンで国際資本市場業務に携わった後、97年よりチェースマンハッタンのマネージングディレクター。現在、RPテック代表取締役、産業ファンド投資法人執行役員、国際経済研究所シニアフェローなどを兼務。日本金融学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)