• 本

動物−植物相互作用調査法

生態学フィールド調査法シリーズ 8

出版社名 共立出版
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-320-05756-2
4-320-05756-2
税込価格 2,420円
頁数・縦 138P 21cm

商品内容

目次

第1章 動物‐植物相互作用研究への誘い
第2章 トラップや動力を利用した昆虫採集法
第3章 林冠の昆虫‐植物における相互作用の調査法
第4章 群集の記述と評価の方法
第5章 さまざまな生物間相互作用とその調査法
第6章 地球温暖化が植食性昆虫に与える影響の調査法
第7章 進化を調べる

著者紹介

内海 俊介 (ウツミ シュンスケ)  
2008年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。現在、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター准教授、博士(理学)。専門は生態学、進化群集生態学
中村 誠宏 (ナカムラ マサヒロ)  
2004年京都大学大学院理学研究科博士後期課程修了。現在、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター准教授、博士(理学)。専門は群集生態学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)