• 本

差異の美学 神戸文化と神戸ビエンナーレ

出版社名 出版ワークス
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-907108-00-7
4-907108-00-1
税込価格 1,998円
頁数・縦 195P 21cm

商品内容

要旨

先進性と多様性。「神戸のまちと文化」の歴史に魅了され、既成概念にこだわらない時代のアートに託した想い。震災復興を胸に、神戸の芸術文化の力を結集させた「港で出合う芸術祭 神戸ビエンナーレ」。港町・神戸の歴史と文化の魅力に支えられ、現代アートにこだわらず、いけばな、玩具、ロボットなど、国際的にも特異な芸術祭と評された神戸ビエンナーレの魅力や課題を、審査員やディレクターとして携わった関係者が語る。

目次

新たな芸術への扉(メディアアーティストの課題と可能性―神戸ビエンナーレでの審査から
メディア芸術の「これまで」と「これから」―異端なアートフェスティバルとしての役割
玩具と子どもの力)
神戸のまちと文化(多宗教都市・神戸のまつり―市民がつくるまつりの取り組み
なぜ神戸でビエンナーレなのか?―神戸を創った巨星たち
グリーンコウベとグリーンアート
空間といけばな
音楽のまち・神戸での「まちなかコンサート」)
神戸ビエンナーレへの歩み(なぜ、ビエンナーレを始めたか
光州ビエンナーレ名誉広報大使に任命されて
神戸ビエンナーレ2007への招待―創造都市・神戸の挑戦)
神戸ビエンナーレの理念と実践(きらめく神戸のアート性を頼りに―神戸ビエンナーレ、10年の試行)

著者紹介

大森 正夫 (オオモリ マサオ)  
京都嵯峨芸術大学大学院教授。神戸ビエンナーレ2015アーティスティックディレクター。1957年広島県生まれ、京都大学大学院博士後期課程修了。川崎清+(株)環境・建築研究所にて国際花と緑の博覧会(EXPO90)やりんくうタウン、信楽陶芸の森などの都市・環境計画、および福井県立大学などの建築設計を担当。ジュエリー、家具、やまと絵、茶室、公共建築など、創造活動の範囲は広く、京都空間の研究成果をテレビや雑誌などで紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)