• 本

JRに未来はあるか

出版社名 緑風出版
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-8461-1710-8
4-8461-1710-3
税込価格 2,750円
頁数・縦 261P 20cm

商品内容

要旨

「経営者は無責任で、職員も働かないから赤字になった」といわれた国鉄は、分割民営化され、1987年4月、JRが発足した。あれから30年、JRは赤字を解消して安全で地域格差のない「利用者本位の鉄道」「利用者のニーズを反映する鉄道」に生まれ変わったのか?本書は、鉄道交通問題研究の第一人者が、分割民営化後のJRの30年を総括、様々な角度から問題点を洗いだし、JRの未来に警鐘!

目次

第1章 国鉄からJRへ
第2章 サービスはよくなったか
第3章 安全性は向上したか
第4章 地方交通線はどうなったか
第5章 JR北海道をどうするか
第6章 JR貨物はどうなったか
第7章 リニア新幹線は「第二の国鉄」
第8章 持続可能な交通をめざして

著者紹介

上岡 直見 (カミオカ ナオミ)  
1953年東京都生まれ。環境経済研究所代表。1977年早稲田大学大学院修士課程修了。技術士(化学部門)。1977年〜2000年化学プラントの設計・安全性評価に従事。2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)