• 本

洋裁文化と日本のファッション

出版社名 青弓社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-7872-3417-9
4-7872-3417-X
税込価格 2,860円
頁数・縦 267P 21cm

商品内容

要旨

女性たちが自分の洋服を自らの手で作る技術を中心とした洋裁文化。1940年代後半から60年代半ばまでの間に一気に形成され、そして消滅したその実態を、デザイナー、ミシン、洋裁学校、スタイルブック、洋裁店、ファッションショーなどの事例から立体的に描き出す。

目次

序章 身体の平等化と民主化の実践
第1章 デザイナー―時代の主役になった人々
第2章 洋裁学校とミシン―作る=着る人の身体と規律訓練
第3章 ファッション誌―情報としてのファッションとマスメディア
第4章 洋裁店とファッションショー―趣味によって共有される空間
第5章 洋裁文化の消滅―構造はどのようにして次の構造へと移り変わったか
終章 コム・デ・ギャルソン論争とアンアン革命

著者紹介

井上 雅人 (イノウエ マサヒト)  
1974年、東京都生まれ。東京大学文学部および文化服装学院卒業、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。武庫川女子大学講師。専攻はデザイン史、ファッション史、物質生活史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)