• 本

よっぽどの縁ですね 迷いが晴れる心の授業

出版社名 小学館
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-09-388558-4
4-09-388558-3
税込価格 1,324円
頁数・縦 96P 21cm

商品内容

要旨

あなたは大谷徹奘の「心の授業」を聞いたことがありますか?幸せって何?を教えてくれる四文字の言葉○○○○。迷いの中から悟りを得る三文字の言葉○○○。これを知ったら、心がスッと軽くなる―。

目次

この国が平和だからこその出会いがある
「幸せ」の定義を教えてくれる四文字の言葉
人間関係の「縁」を受け止める六文字の言葉
迷いの中から悟りを得る三文字の言葉
あとがきにかえて「よっぽどの縁」誕生物語

出版社・メーカーコメント

心がスッと軽くなる「心の授業」 「あなたは大谷徹奘の心の授業を聞いたことがありますか?」――。1999年から「心を耕そう」をスローガンに全国を行脚する薬師寺の大谷徹奘執事。その「心の授業」は、心が折れそうになっている人、人間関係に悩んでいる人、何かに挑戦しようとしている人、一度は失敗したけれども再チャンレンジしようとしている人など、多くの人たちに勇気と希望を与えています。「心の授業」をきっかけに成功を掴んだ人も続出しているのです。〈人間はひとりにひとつづつ心を持っています。その心の使い方によって、私たちは目の前の世界を幸せにも不幸にも変えることができるんです〉。テンポよく展開される「心の授業」では、「幸せって何?」を教えてくれる四文字の言葉○○○○、悩ましい人間関係の「縁」を受け止める六文字の言葉○○○○○○、迷いや不安の中から悟りを得る三文字の言葉○○○を伝授。心がスッと軽くなり、なぜだか元気な気持ちにさせられるのです。

著者紹介

大谷 徹奘 (オオタニ テツジョウ)  
薬師寺副執事長。1963年(昭和38)、東京都江東区生まれ。実家は同区の重願寺(浄土宗)。芝学園高校在学中に薬師寺の高田好胤和上にスカウトされ、17歳で薬師寺入寺。龍谷大学大学院修士課程修了。1999年から「心を耕そう」をスローガンに全国各地で法話行脚を開始。2003年、薬師寺執事、2017年、副執事長に就任。龍谷大学非常勤講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)