• 本

真夏の島に咲く花は

中公文庫 か74−5

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-12-206413-3
4-12-206413-9
税込価格 814円
頁数・縦 483P 16cm

商品内容

要旨

フィジー人、インド人、日本人、中国人…。雑多な人種が陽気に暮らす南国の楽園・フィジー。そんな日常をクーデターが一変させてしまう。観光業が一気に傾斜して国全体が不穏になっていく中、浮き彫りになる民族的な価値観の対立。それは次第に衝突の気配を孕み出して―。幸せの意味を問い続ける著者、渾身の長篇小説。

おすすめコメント

フィジー人、インド人、日本人、中国人。様々な若者たちが南国の「楽園」で学んだ大切なこととは? 真の幸せを問い続ける著者渾身の長篇小説。(解説)大澤真幸

著者紹介

垣根 涼介 (カキネ リョウスケ)  
1966年、長崎県生まれ。筑波大学卒。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞し、デビュー。04年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞と、史上初のトリプル受賞に輝き、05年には『君たちに明日はない』で山本周五郎賞、16年には『室町無頼』で「オール讀物」主催“本屋が選ぶ時代小説大賞2016”及び「週刊朝日」“2016年歴史・時代小説ベスト一〇”第一位を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)