• 本

リーディングス戦後日本の思想水脈 7

現代への反逆としての保守

  • 中島岳志/編
出版社名 岩波書店
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-00-027039-7
4-00-027039-7
税込価格 5,400円
頁数・縦 289P 22cm
シリーズ名 リーディングス戦後日本の思想水脈

商品内容

要旨

排外主義、全体主義、歴史修正主義、そして米国追従。現下の「保守思想」の表面を覆いつくすこうした要素の対極に、本来の保守思想はあったのではないか。戦時下統制、戦後の解放、安保闘争、冷戦の終焉からアメリカニズムまで、時々のヘゲモニーを下支えする社会的熱狂を徹底的に懐疑し、社会のアウトサイダーとして位置づけられた保守のロジックを炙り出す。

目次

1 保守のロジック(保守ということ(一九四九年)
正統思想について(『日本のアウトサイダー』、一九五九年)
現代における保守と自由と進歩(抄)(一九六三年))
2 大東亜戦争への違和、戦後への反逆(昭和の精神史(抄)(一九五五年)
戦時の精神的雰囲気(『時代と私』、一九七一年)
ある異常体験者の偏見(一九七四年))
3 ファシズムと共産主義への懐疑(暴力・ファシズム・共産主義(一九四八年)
共産主義と人間尊重(一九五一年)
ベルリンにて(抄)(一九五七年))
4 政治の過剰への対峙(一匹と九十九匹と―ひとつの反時代的考察(一九四七年)
政治的季節の中の個人(一九六〇年)
今日の政治的関心(二)―安保さわぎの後を受けて(一九六〇年))
5 アメリカニズムからの脱却(「ごっこ」の世界が終ったとき(一九七〇年)
「アメリカニズム」の終焉(抄)(一九九三年)
ポスト・バクダッド(二〇〇三年))

おすすめコメント

アウトサイダーとして社会の熱狂を徹底的に懐疑し続ける保守本来の在り方を、原典を通じて浮かび上がらせる。

著者紹介

中島 岳志 (ナカジマ タケシ)  
1975年生。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了、博士(地域研究)。北海道大学大学院法学研究科を経て現職。専門は政治学。『中村屋のボース』(白水社、2005年)で大佛次郎論壇賞、アジア・太平洋賞大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)