• 本

臨床哲学対話あいだの哲学

木村敏対談集 2

出版社名 青土社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-7917-6998-8
4-7917-6998-8
税込価格 3,132円
頁数・縦 411P 20cm

商品内容

要旨

「哲学」の俊傑たちとともに、人間存在の核心に迫る。

目次

1 臨床哲学とは何か―×野家啓一
2 “作り”と“かたり”―×坂部恵
3 共通感覚論の可能性―×中村雄二郎
4 生の哲学と死の欲動―×新宮一成×浅田彰×桐谷行人
5 “分裂病”をめぐって 国有名の欠如・不成立―×中井久夫×市川浩×柄谷行人
6 時間とあいだ―×大澤真幸(司会:高橋義人)
7 時間と人間―×村上陽一郎

著者紹介

木村 敏 (キムラ ビン)  
1931年生まれ。京都大学医学部卒業。現在、京都大学名誉教授、河合文化教育研究所主任研究員・所長。精神病理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)