• 本

井筒俊彦 言語の根源と哲学の発生

増補新版

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年6月
ISBNコード 978-4-309-24812-7
4-309-24812-8
税込価格 1,944円
頁数・縦 255P 21cm
シリーズ名 井筒俊彦

商品内容

目次

特別対談 コトバの形而上学―井筒俊彦の生涯と思想
特別収録 ジャック・デリダ―書簡“解体構築”D´ECONSTRUCTIONとは何か
井筒俊彦を読む(井筒宇宙の周縁で―『超越のことば』井筒俊彦を読む
『意識の形而上学―「大乗起信論」の哲学』を読む ほか)
インタビュー 高橋嚴―エラノスで会った“非”学問の人
井筒哲学の可能性(創造の出発点
呪術と神秘―井筒俊彦の言語論素描 ほか)
増補 井筒俊彦とキリスト教哲学(井筒俊彦と中世スコラ哲学
井筒俊彦とキリスト教―存在論的原理としての愛)
井筒哲学の基層(井筒俊彦とエラノス精神
禅から井筒哲学を考える ほか)
井筒俊彦と東洋哲学(詩と宗教と哲学の間―言語と身心変容技法
地球社会化時代の東洋哲学―井筒俊彦とファム・コン・ティエン ほか)

おすすめコメント

東西の叡智を一身に体現する世界的思想家・井筒俊彦、その思考の可能性を探る入門書にして決定版/大江健三郎、デリダ、中沢新一他