• 本

ラブリーな遺品整理術 愛する人を失った悲しみを幸せの種にする85の魔法

出版社名 サンガ
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-86564-090-8
4-86564-090-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 261P 18cm

商品内容

要旨

故人を偲び、いつも身近に愛する人を感じているための工夫があります。死は、愛する人との関係を断ち切るものではありません。私たちにとって大切な絆は、長続きさせることができます。亡き人の遺品や思い出を使って、心を癒し、豊かに勇気づける―それは、創造的で楽しい作業です。アメリカで実践されている、その具体的な智慧と技術を紹介します。

目次

第1章 遺品を再利用する(永久に思い出を保存する
特殊なスクラップブック ほか)
第2章 テクノロジーを用いる(上等な扱いを受ける
ショー・アンド・テイルズ ほか)
第3章 単なる休日ではなく(追悼パーティを開催する
思い出のチェーンをスタートさせる ほか)
第4章 マンスリー・ガイド(1月 行動する決心をする
2月 あなたのラブ・ストーリーを分かち合う ほか)
第5章 訪れる場所(日本
中国 ほか)

著者紹介

ギルバート,アリソン (ギルバート,アリソン)   Gilbert,Allison
『親のいない親たち』『いつもあまりに早く』の著者であり、エミー賞を受賞したジャーナリスト。共同編集した書籍『大惨事の報道:放送ジャーナリストによるセプテンバー・イレブンの報告。放送ジャーナリストがその悲劇をどのように報道したかについての歴史的な記録』はU・S・ステート・デパートメントによってドキュメンタリー化され、世界中の大使館や領事館に配布された。『親のいない親たち』はワシントン・アービング・ブック・アワードを受賞した
菅 靖彦 (スガ ヤスヒコ)  
1947年、岩手県花巻市に生まれる。国際基督教大学(ICU)人文科学科卒業。翻訳家。日本トランスパーソナル学会顧問。自己成長や創造性開発をテーマに執筆、翻訳、講演を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)