• 本

声なき人々の戦後史 下

出版社名 藤原書店
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-86578-124-3
4-86578-124-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 P373〜779 20cm
シリーズ名 声なき人々の戦後史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

文学賞情報

2018年 第16回 パピルス賞受賞

要旨

国鉄民営化、三池炭鉱大争議などの労働問題、成田空港反対闘争や沖縄闘争、狭山事件、財田川事件、袴田事件などの冤罪、葛西善蔵、太宰治、大杉栄らへの関心…原発列島・日本の将来はいかに!?

目次

第9章 労働現場の人権侵害(1)―炭鉱労働者たち
第10章 労働現場の人権侵害(2)―国鉄からJRへ
第11章 労働現場の人権侵害(3)―規制緩和の罪
第12章 悪政と闘う―成田と沖縄
第13章 暗黒裁判を書く
第14章 自由への疾走
第15章 語る 鎌田慧((聞き手)出河雅彦)

おすすめコメント

戦後の高度経済成長が進行する表舞台の裏で、一体なにが進行していたのか? 国鉄民営化、三池炭坑大争議、“自動車絶望工場”で労働者に寄り添い、狭山事件で差別と闘い、最近の「さよなら原発」その他の活動でも、一貫して現場に立つ姿勢を崩さないルポライターとして仕事してきた鎌田慧が、自身の半生を初めて語り下ろす!

著者紹介

鎌田 慧 (カマタ サトシ)  
1938年生まれ。新聞記者、雑誌編集者を経て、フリーのルポライター。労働、開発、教育、原発、沖縄、冤罪など、社会問題全般を取材、執筆。またそれらの運動に深くかかわる。主著に『六ヶ所村の記録』(毎日出版文化賞受賞、岩波現代文庫)など
出河 雅彦 (イデガワ マサヒコ)  
1960年生まれ。新聞記者。92年朝日新聞社入社。社会部などで医療、介護問題を担当。2002年〜13年編集委員、2013年〜16年青森総局長。医療事故や薬害エイズ事件のほか、有料老人ホーム、臨床試験について取材。著書『ルポ 医療事故』(朝日新聞出版)で「科学ジャーナリスト賞2009」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)