• 本

沢村さん家(ち)のこんな毎日 平均年令60歳の家族と愛犬篇

文春文庫 ま23−5

出版社名 文藝春秋
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-16-790891-1
4-16-790891-3
税込価格 691円
頁数・縦 283P 16cm

商品内容

要旨

図書館通いにジム通い、定年ライフを満喫中の父・四朗(70)。社交的で友達が多く、料理も上手な母・典江(69)。未婚で彼氏なし、18年めのベテランOLの娘・ヒトミ(40)。そんな平均年令60歳、沢村家の日常を描いたホーム・コミック。「あるある」と笑えて、たまにホロリとする沢村さん家シリーズの2冊が読める合本版です。

目次

沢村さん家のこんな毎日
沢村さん一族の長い一日
沢村さん家はもう犬を飼わない
沢村さん家が4人家族だった頃
あとがきにかえて

おすすめコメント

 年をとってきた両親と40歳の娘との3人暮らしを描いた沢村さん家のホーム・コミック。『沢村さん家のこんな毎日』『沢村さん家はもう犬を飼わない』を1冊にまとめたお得な文庫版。父・沢村四朗(70)図書館通いにジム通い、定年ライフを満喫中。母・沢村典江(69)社交的で友達が多く、料理も上手。娘・沢村ヒトミ(40)未婚で彼氏なし、40歳のベテランOL。そんな平均年令60歳の沢村さん一家。和菓子を食べながらおしゃべりしたり、テレビを見ながら団らんしたり、たまには些細なことでケンカになったり……。高齢になった親、長年連れ添った夫婦、40代独身の娘、それぞれの視線で描かれた日常は、「あるある」と共感し、笑いながら思わずホロリとくるシーンで満載。普通の毎日が続いていくこと、それが本当の幸せなのかもしれません。

著者紹介

益田 ミリ (マスダ ミリ)  
1969年大阪府生まれ。イラストレーター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)