• 本

超・反日北朝鮮化する韓国

出版社名 PHP研究所
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-569-83644-7
4-569-83644-5
税込価格 1,210円
頁数・縦 182P 18cm

商品内容

要旨

文在寅大統領誕生で「日韓合意」はどうなるのか?なぜ韓国人は北朝鮮に脅威を感じないのか?韓国の反日デマ発信に日本はどう対抗する?自業自得で崩れゆく半島。

目次

第1章 文在寅政権誕生で韓国の「超・反日」が始まる(朝鮮半島が緊迫化するなかでも「従北朝鮮」の文在寅政権が誕生
大卒者の仕事がなく、若者が強い不満を抱いている ほか)
第2章 すべてが「情緒」で動かされる韓国(朴槿惠は国民の「情緒」によって引きずり下ろされた
盧武鉉の弾劾裁判の判例と明らかに矛盾している ほか)
第3章 金大中時代から始まった「北朝鮮化」(金正日の礼儀正しい態度に韓国人は心を奪われた
朝鮮民族の琴線に響いた機知に富んだユーモア ほか)
第4章 「国家社会主義」を望んでいる若者たち(「漢江の奇跡」のために財閥がずっと優遇されてきた
潰し合いの競争をさせないために市場の自由競争が「潰し合い」となる韓国 ほか)
第5章 隣国の大変化に日本はどう対峙すべきか(やがて強固な反日へと転換していくのが韓国の「歴史の習い」
韓国とはわかり合えないと認識して対応する ほか)

おすすめコメント

韓国・北朝鮮は、なぜ暴走したのか? 韓国の新大統領誕生で「反日」はますます拡大するのか? 屈指の半島ウォッチャーが大胆予測。

著者紹介

呉 善花 (オ ソンファ)  
1956年、韓国・済州島生まれ。韓国で女子軍隊経験をもつ。83年に来日し、大東文化大学(英語学専攻)の留学生となる。その後、東京外国語大学大学院修士課程(北米地域研究)を修了。98年、日本に帰化する。現在、評論家。拓殖大学国際学部教授。遠州流茶道教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)