• 本

アメリカから〈自由〉が消える

増補版

扶桑社新書 245

出版社名 扶桑社
出版年月 2017年7月
ISBNコード 978-4-594-07740-2
4-594-07740-4
税込価格 935円
頁数・縦 256P 18cm
シリーズ名 アメリカから〈自由〉が消える

商品内容

要旨

合衆国憲法が保障するはずのプライバシーや自由、公正な選挙や手続き、権力に対し異議を唱える権利を、米国民はいつどうやって失ったのか。

目次

第1章 飛行機に乗れない!丸裸にされる!恐怖の空港
第2章 何もかも見られている
第3章 ある日突然人が消える!
第4章 口をふさがれる市民
第5章 危機に立つジャーナリストたち
第6章 それでも“希望”は存在する
袋綴じ

著者紹介

堤 未果 (ツツミ ミカ)  
国際ジャーナリスト。ニューヨーク州立大学、ニューヨーク市立大学院国際関係論学科修士号。国連、アムネスティ・インターナショナルNY支局員、米国野村証券等を経て現職。日米を行き来しながら各種メディアで発言、執筆、講演を続けている。「ルポ貧困大国アメリカ」(3部作:岩波新書)で新書大賞2009・日本エッセイストクラブ賞、「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」(海鳴社)で2006年度黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞。夫は参議院議員の川田龍平氏(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)